太陽光発電 メリット デメリット

費用の目安

「太陽光発電設置にかかるコスト」

 

 

太陽光発電を取り付ける場合、モジュールなどの機器を設置しなければ利用できません。
太陽光発電導入にかかる一般的な相場は、200万〜250万円くらいといわれています。
50万円もの開きがある理由は、各メーカーによって価格設定が違いますし、取り付け業者に支払う料金も異なるからです。

 

一般家庭にはこの設置費用はかなり大きな金額といえますから、いくら環境にやさしい、余った電力は売電できるなどと言われても、初期投資がかかり過ぎてあきらめそうになります。
現在は200万円代ですが、太陽光発電が誕生した当初は家庭用でさえ800万円もしたそうです。
太陽光発電は長期利用が可能な設備ではありますが、それでも安い買い物ではないでしょう。

 

家庭でも太陽光発電を導入しやすくなるようにと、行政も補助金という形でサポートを行っています。
設置を検討中の建物が位置する市区町村、都道府県、国が、それぞれに補助金を設けている可能性がありますので、確認してみてはいかがでしょうか。

 

設置したい建物のエリアが、もし市区町村、都道府県、国の全てから補助金が出ている場合、どれか1つに限られているわけではないので、重複して全部の補助金制度を利用することが可能です。

 

国から出ている太陽光発電の補助金は、1kWに対して48,000円が支給されます。
一般家庭の平均では20万円くらいにも達する交付が受けられるので、利用しない手はありません。
導入を迷っていた方も、ぜひ補助金制度をチェックしてみてください。