太陽光発電 メリット デメリット

設置のメリット

「節電意識が高まる太陽光発電」

 

 

太陽光発電を設置することには、複数のメリットがあります。
導入するために、建物の屋上や屋根に太陽光パネルを取り付けますが、これが室内に熱が伝わりにくくしてくれるので、快適さが高まるのです。
断熱効果がもたらされ、冬は暖かくなりますし、夏は涼しくなります。
クーラーや暖房器具の温度設定をゆるめても過ごしやすいので、光熱費の節約になるでしょう。

 

台風や地震などの災害発生時には、停電になる心配があります。
太陽光発電で電力を作ることができれば、復旧を待たなくても電気を使い続けられます。
発電中の電気を利用したいとき、専用コンセントにつなぐだけで簡単に使用可能です。

 

太陽光発電には「カラー電力モニタ」というものがあり、表示画面に現在の状況が映し出されます。
電力会社の電気を使用する場合は毎月メーターの計測に来てもらい、1カ月分の使用量を確認しています。
太陽光発電でしたら、カラー電力モニタをチェックして電気使用量をリアルタイムで把握できるのです。
モニタを見る習慣が自然とつき、特にお子さんがいるご家庭では省エネ意識が育って、環境への関心が高まるということです。

 

太陽光発電を導入すると、節約できるという側面もあります。
オール電化と太陽光発電を組み合わせると、光熱費が大幅に割安になります。
都市ガスと電気の2種類でエネルギーを得る従来の方法と、オール電化と太陽光発電を取り入れた方法とでは、8割近い節約を実現しているケースがあります。
建物の日あたりや家庭の使用状況なども影響しますが、そういった可能性も踏まえた上で導入を検討してみてはいかがでしょうか。