太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電の設置に用いられる設備

太陽光発電の導入が決まったら、どんな設備を設置するのでしょう。
太陽の光がモジュールのセルにあてて電子が生まれ、複数の回路に電極から電子を取り出します。
建物の外側に設置する接続箱を電子が通り、インバーターもしくはパワーコンディショナーによって、直流の電子を交流の電子に変えます。
太陽電池から生まれる電気は直流であり、建物では交流の電子でないと利用できないので、変換の必要性があるのです。

 

電池を用いる発電設備においては、太陽光発電でなくてもインバーターかパワーコンディショナーの設備は必須です。
交流の電子に変換されたエネルギーは使えるようになっていますので、住宅内に取り付け荒れる分電盤に送られます。

 

分電盤は分けるという漢字がついているように、1箇所にある電気をその建物内全てのコンセントへと分配してくれます。
太陽光発電は、日差しが出ている日中や晴れのときは、使用量よりも発電量の方が上回ることが多いので、余った分を電力会社に売電します。
反対に日没後の夜間や曇り・雨の日には発電ができないので、電力会社から自動的に買電するのですが、その作業も分電盤が行ってくれます。
分電盤は、電力の量計できる電力メーターが設置されています。
屋外に買電と売電メーターを分電盤とは別に取り付け、2種類のメーターで区別を行うものもあります。

 

文字で理解しようとするよりも、太陽光発電の実際の設備や仕組みはとても単純です。
原子力や火力発電の場合、異なるエネルギーを変換して電力を生みだしていますが、太陽光発電はそのまま利用できるのでとても効率的なのです。