太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電とは?

「太陽光発電の特徴」

 

 

地球温暖化が進んでいる背景には、二酸化炭素などの温室効果ガスなどいろいろな原因が考えられます。
電気を太陽光発電で作れば二酸化炭素を発生させませんし、排気ガスや騒音などもないので、地球にやさしいシステムといえます。

 

太陽光発電を始めるためには、屋上に取り付ける太陽電池モジュールなどが必要となります。
この太陽電池モジュールに自然光が降り注ぐことで、発電できます。
夜ではなく昼間、雨の日より晴れや曇りの日の方が、たくさんの発電量となります。

 

使用する電気量より、太陽光発電で発電した量が多いもしくは上回っていれば、電気を電力会社から購入せずにすんでしまいます。
反対に、夜間や雨が降っている日などは自然光が太陽電池モジュールに降り注ぎませんので、発電できない分の電気を電力会社から購入することになります。

 

使用量よりも発電した電気量の方が多くなったら、電力会社に買い取ってもらうことが可能です。
売電できるか買電しなければならないかは1日の時間帯や天候によって異なりますが、人間がその都度わざわざ操作しなくても、家の屋外に設置する「買電と売電メーター」が自動的に行ってくれますので、面倒な作業などはいりません。

 

太陽光発電は災害が発生して電力が途絶えたときなど、電力会社に全面的に頼らなくても自宅で電力をまかなえるという強みがあります。
一般的な家庭が1年間に消費する電力量は、平均でおよそ3,600kWhといわれており、計算してみると太陽光発電システムの定格出力3〜4kWによってまかなえる量ということになります。