太陽光発電 メリット デメリット

適した都道府県

「太陽光発電が使えない都道府県はあるか」

 

 

太陽光発電が使えない都道府県は、あるのでしょうか。
太陽光発電に向いている都道府県があるとすれば、どこなのでしょう。

 

設置するためのコストが高いので、発電効率が悪いエリアに住んでいるのに取り付けてしまったら、後悔することになってしまいます。
日本国内であれば、太陽光発電はどこでも利用できます。
日本は北海道から沖縄県まで寒暖の違いが大きいですし、四季がありますので不向きな地域がありそうに思えますが、国内であれば日照時間にあまり違いがないことがわかっています。

 

太陽光発電に必要な日照時間は、暑さや寒さの影響を受けないので、北海道、東京、沖縄でも大差はありません。
配慮する必要があるとすれば、近隣の高層マンションなどが立っていて、自宅の屋根や屋上に日が当らないことがないかということです。

 

太陽光発電では、セルと呼ばれる太陽電池を利用しますが、このセルはシリコンで作られています。
シリコンの性質の1つに、熱が高くなることで電子の遊離が発生しやすくなり、発電の効率が悪くなるというものがあります。
シリコンの性質上、あまり気温が高過ぎると、逆に発電しにくくなってしまうのです。

 

こうした性質なども踏まえた上で、太陽光発電に向いている都道府県は宮崎県だと考えられます。
日射量が多く、気候が温暖で、雪があまり降りません。
海が近いので海風で温度が高くなりすぎないことも、いい影響だといえます。
岡山県や広島県も宮崎県に近い環境なので、太陽光発電向きです。
気温が低くても、日射量などの条件から長野県も高い発電量が期待できます。