太陽光発電 メリット デメリット

発電シミュレーション

「太陽光発電が導入されるまでの流れ」

 

 

太陽光発電を自宅に導入する場合、どのような流れで設置されていくのでしょう。
具体的には細かくいろいろありますが、おおまかなポイントをご紹介します。

 

最初に必要なことは、専門家に問い合わせてみることです。
太陽光発電を扱う工務店、販売代理店、コンサルタントなどがありますので、「太陽光発電の導入を考えているんですけど」と相談してみてください。
設置したい建物の屋上か屋根に、太陽光発電専用のパネルを取り付けることになりますから、実際にその建物の屋上か屋根を見て判断してもらい、状態を確認した上でどのようなモデルが適しているかメーカーによっても得意なところが違いますので、最も高い発電量を発揮できそうなメーカーなどを見極めてもらいます。

 

屋根に専門家が実際に上がって、1日の太陽の動きによって何時にどこが影になるか、屋根の角度や面積などを計測し、図面にモジュールの位置やセル構成などの見積もりを出してもらいます。
自宅まで足を運んでもらうというと、必ず依頼しなければならなくなるように思ってしまうかもしれませんが、こうした見積もりは多くのところが無料で引き受けています。

 

太陽光発電に期待する側面は、人によってさまざまです。
見積もりを出してもらうときに伝えておくことで、選ぶメーカーやモデルなども違ってきます。
設置費用をできるだけ早く回収したい、太陽光発電を使うことで光熱費の節約に役立てたい、具体的な予算などがあげられます。
こうした希望を伝えてから見積もり作業に入ってもらえば、理想に近い方法を提案してもらえるでしょう。