太陽光発電 メリット デメリット

発電までの流れ

「太陽光発電で電力を作るまでのシミュレーション」

 

 

太陽光発電を導入後、実際に家で電力を作る仕組みとはどのようなものなのでしょうか。
シミュレーションをしてみましょう。

 

屋上や屋根に設置したパネルの太陽電池モジュールに、日中日差しがあたります。
太陽の光を浴びることにより、電気が作られます。

 

作成された電気は、そのままでは家庭で利用する電力にはなりません。
太陽電池モジュールで作られた電力は、直流の状態だからです。
家庭内で利用する電力は、交流でないと使うことができません。
建物の外側に取り付けられたパワーコンディショナという機器により、直流の電力から交流に電力に変換してくれます。
パワーコンディショナは電力を変換する以外に、システムを全体的に管理する役割を自動的に行っています。

 

電力モニターという機器を見れば、毎日の発電量や消費電力量を確認することが可能です。
これまで電力の使用量を確認する機会というと、1カ月に1度の請求書しかありませんでしたが、太陽光発電の導入後は電力モニターで小マメにチェックできるようになります。
節約の意識が高まりますし、エコの観点からも環境を守ることにつながるでしょう。

 

太陽光発電で作られた電力は、屋内分電盤からそれぞれの部屋に届けられます。
日没後は太陽光発電で電力が作れなくなりますから、電力会社から購入しなければなりません。
日中に発電した電力が余ったときは、反対に電力会社に売ることができます。
買電量と売電量を知りたいときは、電力量計という機器を見れば各量の把握ができるようになっています。